医師のご紹介|国分寺市の在宅療養支援診療所・訪問診療はさつきクリニック

さつきクリニック 在宅療養支援診療所

内科、糖尿病・内分泌内科、泌尿器科、腫瘍内科

医師のご紹介

院長 ご挨拶

院長写真

髙橋 聰

国分寺市日吉町に訪問診療を中心とする「さつきクリニック」を開設させて頂きました髙橋聰と申します。
一橋大学法学部卒業後、一般企業に就職したものの、54歳で杏林大学医学部入学致しました。
63歳にて医師国家試験に合格、引き続き同大学にて研修医、レジデントを勤め、訪問診療を経験した後、平成28年からさつきクリニックにて訪問診療を行っています。
医学部入学後は多くのクラスメート、先生方に助けられ、医師になってからは多くの諸先輩、教授に助けられ、医師としての研鑽に励んで参りました。その方々のご支援に対する感謝の為、また「弱い人、苦しんでいる人のために医師になりたい」と言っていた志半ばでこの世を去ったクラスメートの思いも引き継いで患者様のそれぞれの生き方を尊重した医療を提供していきたいと思っております。
今後共、24時間365日の訪問診療体制をより充実させ、患者様のニーズに対応させていきたいと思っておりますので宜しくお願い致します。

院長 略歴

昭和40年4月
一橋大学 法学部入学
昭和45年3月
一橋大学 法学部卒業
平成12年4月
杏林大学 医学部入学
平成22年3月
杏林大学 医学部卒業
平成22年4月
杏林大学付属病院 糖尿病内分泌代謝内科
平成28年4月
さつきクリニック院長
平成29年5月
医療法人社団エフエムティ 理事長

医療法人社団エフエムティ 由来

「医療法人社団エフエムティ」の名称の由来は、「さつきクリニック」を開設するにあたって多くの方々の支援を頂いたことにあります。
多くの仲間や取引先とより良い関係を築き、地域と共に発展する上で、知識の研鑽、向上、環境整備が必要になります。あわせて、発展的に事を捉える上で「気持ちの余裕」が求められます。これらの思いを「前向き=frente(フレンテ)」と「意欲=motivation(モチベーション)」で表現し、「いつも前向きな意欲を持って=frente-motivation」の頭文字と髙橋聰の頭文字を合わせて「エフエムティ」としました。
当法人は、この法人名の由来とともに、以下の理念とミッションを掲げ、地域医療の発展に努めて参ります。

医療法人社団エフエムティ 理念

新しい価値を創造し、社会との調和を図り、心豊かな医療の構築私たちは、この理念の基、3つのミッションを掲げそのために活動します。

ミッションNo.1

Activity(アクティビティ)~力を最大限に発揮し夢とゆとりを創りだす心~

一人ひとりの個性、能力が集まって新しい価値が創出され、それが地域発展の原動力になる。創意工夫と挑戦の意識を持ちながら、生きがい、働きがいのある夢とゆとりの実現を目指す。

ミッションNo.2

Relationship(リレーションシップ)~支えあう、認めあう人間関係の構築~

患者、患者家族、取引先、仲間のみならずあらゆる「人」との繋がりを「財」とし、良好な人間関係を築きながら社会との調和を図る。

ミッションNo.3

Knowledge(ナレッジ) ~外の動きに関心を持ち新しいことに挑戦する勇気~

変化の激しい今こそ、様々な情報を吸収し、豊かな感性で対応する事が求められる。
新しいものへの挑戦は、医療・介護を活性化し地域をいきいきさせると信じる。